大河内メンタルクリニック院長ブログ 折り折りのこと

アクセスカウンタ

zoom RSS     不幸にならないための覚書 過食の問題 1

<<   作成日時 : 2017/07/10 20:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

過食症に悩む皆さん、ご存知でしょうが、飢えているのは「食に」ではありません。愛情にです。その腹いせを身体に向けるのはどういうものでしょうか? それが当たりであるか、外れであるか、決めるのは感情です。安心、満足が手に入れば「当たり」です。その反対の不安、不満足感を握らされれば「外れ」です。過食が「当たり」である可能性はゼロです。それを知っていてやめられない悲しい問題です。
怒りが一見は難敵です。なぜ、いきなり怒りかといえば、怒りが一つの鍵を握っていると考えられるからです。怒りはこころの自由を奪うからです。
怒りは不安、恐怖の「双子のキョウダイ」です。不安、恐怖があるところに必ず怒りが潜在します。あたかも不安、恐怖をもたらしたものを威嚇するように。
その不安、恐怖をもたらしたものは、一つには他者です。そして、それと連動して本人自身です。他者の中の原初のそれは母親です。母親との関係は一般的な対他者関係のパターンになります。17.7.10





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
    不幸にならないための覚書 過食の問題 1 大河内メンタルクリニック院長ブログ 折り折りのこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる