アクセスカウンタ

<<  2016年10月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
        バカなはなしー3
うえをメデルのはバカです。 だれかのようになりたがっているからです。 したをメデルバカはいないので、はなしになりません。 自分をメデルのは、はなしにならない××です。 はなしにならない××には、二通りあることになります。 ジブンは足らないところだらけです。 ジブンをめでる理由は○○分の1か2です。 ○○って何だ? そういうのは××の証拠です。 人に訊くことではないからです。(‘26/10/12) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/12 20:34
         ばかなはなしー2
しあわせをさがしているんですって? それならお安い御用です。「青い鳥」に書いてあります。手を伸ばしてみてください。そこに何かないですか? ない? フムフム、そうですかね。でもですね。例えばです。ご飯を食べるときに、ちゃんと味をかみしめていますか? うわの空で食べているんではないでしょうね。それがどうしたなんていっていないで、ちゃんと食べてくださいね。 舌の粘膜がおかしくなっていないかぎり、味わいが感じられないなんてことはあり得ませんから。それがシアワセのホンシツです。欲張って遠くに探しに行っても... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/12 20:30
      院内講義(抜粋)9
死の問題は、我われ人間の最大の課題であるはずです。 前の章で、我われ人間には知らないものが無限にある、といった意味のことを述べましたが、その最たるものが死の問題です。 再びソクラテスを援用すると、彼の人は次のような意味のことを語っています。 人は死をひどく恐れているが、死についてあたかも知っているかのように思いこんでいる。しかし、死について何一つ知らないのが実際ではないだろうか。何も知らないことを私は知っているので、むやみに死を恐れるつもりはない・・・。 自死を意識しているある患者さんが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/12 20:15
院内講義(抜粋)8
これまでに述べてきた「自我と自己自身との関係」は、「現実の社会的自己」とは違って理念的な人間の在り方に関してのお話です。そういう、いわば非現実的な話を持ち出す理由は、現実の「社会的自己」が行き詰った状況を踏まえて、どのようにすれば自分の姿勢を立て直すことができるかを模索するところにあります。それは、私の立場では患者さんの問題であり、それを踏まえた私自身の課題でもあります。 更にいえば、現実の社会的生活での行き詰まりは、理念的な自己の在り方の筋から大きく逸れているということが想定されるからでもあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/02 21:00

<<  2016年10月のブログ記事  >> 

トップへ

大河内メンタルクリニック院長ブログ 折り折りのこと 2016年10月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる